↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

マインド強化|退路を断つ

こんにちは!びすこです。

 

この前ちょっとご紹介した無料ツール、

あっという間に30人くらいの方が登録されましたよ。

 

前回もお伝えした通り、こういう企画って

早く登録したほうが早く結果がわかるので(今回も、たぶん。)

少しチェックしてみようかなぁと思われましたら、早いうちに^^

転売に使えそうな無料ツールの情報

※7月24日(木)までです

 

ちなみに、送られてくる動画に感想を書くと特典が貰えます。

ネットビジネスで確実に稼ぐ基本的な方法や、

輸入転売セミナー映像が手に入るので

これだけでも十分お得かな、と感じました。

 

 

 

さて、今月のテーマである「マインド」に話を戻しますね。

 

前回は「初心者です」と名乗ることから卒業しよう!というお話でした。

 

ビジネスの世界、プロの世界に「初心者」はいないので

セルフイメージのためにも、「初心者です」と言うのはやめましょう、

ということでしたね。

 

もちろん何らかの便宜的な都合で「初心者」という言葉を使うことはあります。

私もありますし、使ったとしても目くじらを立てることでもないのですが、

意識としてはたとえルーキーであっても、プロという気持ちを持ち続けたいですね。

 

 

今回ご提案したいのは、「退路を断つ」こと。

言い換えれば、

「うまくいかない原因を分析した時に、逃げ道を探さない」ということです。

 

 

例えば、思うように仕入れができていない自分がいるとします。

そんな時、

「ブックオフが近くにないからなぁ、東京にいたらもっとできるのに。」

「仕事が残業続き。。。もっとデキる上司だったら夜の時間が空くよなぁ」

「自分の行くブックオフは品ぞろえが悪すぎる!」

と、「自分以外の何かのせいにする」ことがあるかもしれません。

 

でも、それって本当に理由なんでしょうか??

ということです。

 

そうかもしれないし、そうでないかもしれない。

全く無関係ということはないでしょうけれど、

じゃあブックオフが近くにあったらその問題は本当に解消するのか??

仕事がもうちょっと早く終われば、仕入れられるのか??

 

そこまで考えてみると、

原因だと思っていたことが実はそうではなかった、

ということは結構あるものなんですね。

 

 

それなのに、

「自分以外の何かのせい」にすると自分では手の施しようがないわけですから、

解決策がなくなってしまうんですね。

 

・商品の売れ行きが悪いのは不景気だからだ

・予定通り仕入れに行けないのは子どもが小さいからだ

・物覚えが悪いのは年のせいだ

 

こう分析しても、何も生まれてこないですよね。

 

確かにうまくいかない理由にはそれら外的要因もありますが、

それがわかったところでどうしようもないです。

 

「じゃあ自分はどうすべきか」まで考えて、

原因は自分にあるんだという考え方をしていかないと、

それ以上伸びません。

 

 

なので、うまくいっていない時に、

他のせいにして気持ちの面で逃げてしまうクセがないか、

考えてみることをオススメします。

 

誰かのせいにしたくなる、という退路を断って、

自分にできることに思いを集中させていきましょうね^^

 

びすこ

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ