↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

本当の目利きは売上管理で身につく

せどり、楽しんでいますか?

さて、本題です。タイトルがすべてを物語っているのですが、目利き力が本当に養われるのは、仕入れの時ではなく売れた時です。

何が売れる商品で何が売れない商品なのか、それがはっきりするのは商品が売れてからです。

一見当たり前のことのようですが、

どちらかというと、一般的には仕入れ時のリサーチが

重要視されている傾向にあるように感じます。

 

もちろん、リサーチも大切です。

それをしっかりしなければ、まったく売れない、または利益にならない商品を

つかんでしまう可能性は高いです。

 

 

しかし、これは売れると思って仕入れて価格を付けたものが

本当に売れるかどうか、それは売れてみないとわかりません。

 

そして、その商品が売れた時、確かな根拠として

自分の中にデータが蓄えられていくんですね。

 

 

ですから、まず仕入れた商品はエクセルなどで管理し、

商品が売れたら記録を取ってしっかり売上管理をしましょう。

 

簡単でいいです。

ASINコード、商品名、出品の日付、売れた日付、

価格、ランキングなどで十分です。

 

そして売れた時には必ずアマゾンの画面でも

その商品を確認し、パッケージやタイトルを頭の中にしみこませましょう。

 

そうすると、次に仕入れに行ったときに

あ!これこの前売れた商品だ!

という発見につながりやすくなります。

 

 

商品が売れると嬉しさと安心とで気が緩んでしまい、

ほったらかしになる可能性があります。

FBAの場合は特にそうですね。

 

売上管理をしっかりして、

自分が実際に売った商品を覚えていく。

こうすると格段に仕入れのスピードが速くなりますよ。

 

びすこ

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ