↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

個人事業主として開業届けを出しました

 

本日、2013年4月22日(月)、DVDせどりを本格的に行うべく個人事業主として税務署に開業届けを出してきました。

出さなきゃいけないというものでもないようですが、税金等の面でしっかりやっていきたいということと、社会的な責任を負っているという自覚を自分に持たせたいという思いから、開業に踏み切りました。

開業届けと、青色申告の届けを同時に済ませた方が楽とのことで両方ともフォーマットを税務署のサイトからダウンロードし、色んな人のサイトを参考に記入していきました。

開業届けの記入で迷ったこと

開業届けで迷ったのは「職業」欄と「事業の概要」欄でしたね。職業は「インターネット販売業」、事業の概要は「中古商品の売買とそれに付随する業務」としました。

青色申告の方は「備付帳簿名」のところが不安でしたが、他の方のサイトを調べると「総勘定元帳」「仕訳帳」でOKとのことで、これらにマルを付けました。

あとは屋号ですね。なんでもいいというのが却って決められなくなるものなのですが、自分のハンドルネーム「びすこ」は入れたいし、ちょっとカッコイイなって思えるのがいいし、、、と3日間くらい悩んで決めました。

あ、一応ここでは伏せちゃおうかな。知りたい方はお問い合わせを^^

緊張しながら税務署に行ってみると

開業届けと青色申告申請書を、提出用と控えで2通ずつ作成し、ちょっと緊張しながら管轄の税務署に行きました。

1階の受付の女性に、「個人事業主の開業届を持ってきたんですが」と言って、上記書類を渡したところ、サラ~っと全体を確認して「税務署受付印」を押したところで控えを返されて、「はい、お疲れ様でした^^」

・・・ものの20秒程度で終わりました。「あ、これで終わりですか??」とつい聞いてしまいました。

細かいチェックとか、どんな事業内容なの?とか、他の課に行ってくださいとか、いろいろあるんだろうなぁと思っていたのでかなり拍子抜けでした。

ともかく、これで晴れて個人事業主となりました。

帰りがけ、税務署最寄りのブックオフでDVDの仕入れをしてきたことは言うまでもありません。

 

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ