↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

せどりでの稼ぎは利益のことじゃない

今日はせどりをする上でとても大事な考え方である

「キャッシュフロー」について触れたいと思います。

 

キャッシュフロー、つまりお金の流れのことですが、

これがプラスであることが「稼いでいる」状態です。

出ていくお金より入って来るお金が大きいかどうか、ですね。

 

 

一方、「月商が大きい」ということは

稼いでいるための指標でないことはお分かりかと思います。

 

月商=売上が100万円であっても、

95万円分仕入れや費用に使っていたら利益は5万円しかないわけですから、

売上そのものは稼ぎとは直結しませんね。

 

 

 

じゃあ、「利益が大きい」ことはどうなのか、といいますと

これもまた「=稼ぎ」ではないんです。

 

利益なんだから稼ぎと同じだろう、と思われたかもしれませんが

実はそうではないんです。

 

例えば「月商100万円で利益30万円!」だったとします。

一見、稼げているように感じますね。

 

でも、もし仕入れに100万使っていて

50万円分は売れ残っているとしたらどうでしょうか??

実質はマイナス、お金は減っています。

 

細かい計算は割愛しますが、

「計算上の利益」と「実際のお金のプラスマイナス」は別問題なんだ

ということです。

 

 

これ、私も自分がせどりをやってしばらく経つまでは気付きませんでした。

ただ、私たちは「計算の上での利益額」を伸ばしたくてせどりをやっているのではなく、

お金を稼ぐために、手元の資金を増やすためにやっているわけですから

キャッシュフローがプラスであること、

それも望む分だけプラスであることが絶対に必要なんですね。

 

 

ということを常々訴えているところに・・・

 

 

嬉しいご報告を頂きました!

10月末から超少人数を対象に中古DVDコンサルをやっているんですが、

そのうちのお一人に、Kさんがいらっしゃいます。

 

既にせどり経験者で、利益こそ毎月出ていたものの在庫が多くて、

キャッシュフローが鈍い状態でした。

 

 

そこで、まずは何とか資金を回そうということで、

価格や商品説明文の見直しをアドバイスさせていただきました。

 

Kさんはご家庭のご都合もありお忙しい中で、

ブックオフに通ってリサーチのトレーニングに励みながら

私のアドバイスもしっかり当てはめてくださいました。

 

そうしたら、徐々に売れ行きに勢いが出てきまして・・・

 

 

頂いた11月の収支報告を見ましたら、

「3万6千円のプラス」を見事生み出しておられました!

 

キャッシュフローで逆転を起こすことができたんです。

これはホント嬉しいご報告でしたね。

 

 

また、コンサル前はアマゾンの評価もまだ付いておらず

なかなか評価が貰えないことに悩んでおられたのですが、

順調に売れていくにつれて評価も付いてきて、

現時点で良い評価4つ、「100%保持者」になっておられます。

 

 

Kさんのように、実際の収支、キャッシュフローをプラスに転じるには

正しい仕入れと、売れる技術が必要です。

逆に言うと、これさえ身に付ければせどりは十分稼げます。

 

繰り返しになりますが、

「計算上の利益」ではなくキャッシュフローがプラスになる、という意味で

稼げるようになるわけですね。

 

 

 

月商や利益という数字が悪いわけではありません。

 

一つの指標としてとらえて、

「先月80万売り上げたから来月は100万を目指すぞ!」

というふうに考えるのはとても良いのですが、

あくまでも「稼げているかどうか」はキャッシュフローが示しますので

お金の流れ、しっかり見張っていきましょうね。

 

そして望む分だけプラスになるよう、頑張っていきましょう^^

 

先日リリースしました無料レポートが

その一助になれば嬉しいです。

ホップステップDVDせどり【ジャンプ編】

 

びすこ。

 

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ