↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

せどりでもジャンル選定は大切

iPhone6、大盛況のようですね。

待ちに待ったとばかりに列に並んで買うiPhoneファンの人もいれば、

何やら中国では高値で売れるということで転売業者が入ったり、

密輸なんてニュースも流れていました。

 

「仕入れて売って利ザヤを稼ぐ」という意味ではせどりも同じですが、

何においても限度というものがあるんじゃないかなと思うんですよね。

妖怪ウォッチしかり、です。

 

さて、こんな風にスマホだのおもちゃだのと

多ジャンルで稼ぐこと自体は可能なのですが、

じゃあ「稼げれば何でもいいや」で始めたものが成功するかというと、

それはまた別の話です。

 

 

いま取り組んでいるせどりが自分に向いているか―

すなわち、ジャンル選定が間違っていないか。

 

ジャンル選定ってアフィリエイトではよく言われるんですが、

せどりでも、案外大事な要素です。

 

 

ジャンル選定の大切さ

つい先日、私が主催するチャットコミュニティのメンバーさんが

電脳せどりの一つの分野にハマっていると話してくださいました。

 

その方は、電脳仕入れに取り組んでおられて、

今までも色々なジャンルに挑戦しておられたんですが

ここにきて、自分にピッタリ当てはまる物を見つけることができて、

逆に今までやってきたものが自分には合っていなかった

ということにも気付かれたようでした。

 

そもそもブックオフ仕入れはご自分に合っていないということを

見抜いておられたので電脳に取り組んでいたのですが、

その電脳の中でも、さらに自分にあうジャンルを開拓したとのこと。

 

 

その話を聞いて、気付かされました。

ああ、せどりも「ジャンル選定」なんだって。

 

 

私がDVDせどりを続けられた一因として、

最初に取り組んだのがそこそこ知っている邦楽ジャンルだったから

ということがあります。

 

知らないアーティスト、覚えられない俳優、見たこともない映画では

さすがに続かないですからね。。。

 

邦楽DVDを選んだのは

単にせどりの師匠が取り組みやすいよと教えてくれたからなのですが、

偶然とはいえ、自分に合ったジャンル選定をしていたことが

幸いしたことに変わりはありません。

 

 

ジャンル選定を考えるべきタイミング

とはいえ、ちょっとかじってみてうまくいかないから別の物をやる、

というのは正しいジャンル選定の方法ではないです。

 

というのは、ジャンル選定がしっかりできていたとしても、

「せどりで結果を出して稼いでいく」ということ自体は

楽なことではないからです。

 

地道なリサーチ、アマショウとのにらめっこ、

ライバルに勝つための様々な工夫、こういうコツコツ作業は

自分の得意ジャンルであってもやらなきゃいけません。

 

2,3ヶ月は一つのことにじっくり取り組んで、

ちゃんと実践したうえでジャンル選定は考えるべきです。

そうでないと、果たしてジャンルの選定ミスなのか

単に自分の実力が足りていないのか、がわかりませんからね。

 

 

本当に頑張っている、かれこれ数か月実践してきた。

なのに、何だかしっくり来ない、今一つ悩んでいる。

 

そういう状況にあるのであれば、

一度「自分のジャンル選定はあっているのか??」と

考えてみるべき段階にいるのかもしれません。

 

 

 

そもそもジャンル選定って??

「ジャンル」と言っても広い意味では色々な側面があります。

 

1.電脳か実店舗かといった仕入れの方法

2.CDかDVDかおもちゃかといった商品カテゴリー

3.そして例えばDVDの中でも邦画・洋楽・アニメといった
  いわゆる狭い意味での「ジャンル」

 

ザックリ考えても、これくらいに細分化されているわけですね。

 

こうやって書き出してみると、

どこが一体「自分とせどりとのズレ」を発生させているのか

少しずつ見えてきます。

 

 

いくつか原因が見つかるようであれば、一つずつテストしてみるといいです。

同じ中古DVDの中でも、邦画に取り組んできたのなら洋画にしてみる。
DVDから少し離れて、CDに取り組んでみる。
いっそのこと、ブックオフ仕入れは少し縮小して電脳にチャレンジする。

 

いろいろ、やってみるといいですよ。

いつか「あ、これだ!」というものに出会えますから。

 

 

「隣の芝生は青く見える」というように、

他のジャンルもやってみれば結構大変だったりするので、

他のものに挑戦してみて初めて

今自分の取り組んでいるジャンルが実は天職だったんだ、

と気付くこともありますからね。

 

 

私自身は、そのケースだったと思います。

 

ということで、ちょっと行き詰っていて抜け出せないと感じていましたら、

一度「ジャンル選定は適正か??」を考え直してみてくださいね。

 

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ