↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

せどりに必要なリスクヘッジ

こんにちは!びすこです。

 

やっぱり、リスクヘッジは大事。

切り札は多いほうが良い、というお話です。

 

 

延長50回!?

 

8月末に行なわれた、高校軟式野球の決勝戦。

岐阜県の中京高校と広島県の崇徳高校の試合でした。

 

ずーっと両校とも点が入らず、延長に延長を繰り返して

延長50回にようやく決着がついた、という試合がありましたね。

 

 

よくぞ両チームの選手とも戦い抜いたな、と感心するとともに、

驚いたのは、両チームとも先発ピッチャーが投げ続けたということ。

 

投げぬいた二人の投手は素晴らしいですよ、

カラダも強靭だし、メンタルも相当強いだろうし、

投手として信頼されているからずっと任されたんだろうし。

 

 

それにしても、代わりはいなかったんですかね。

確かに高校野球は毎試合エースが投げるっていうパターンもありますから

連投自体はあり得るのかもしれないけれど、いくらなんでも酷使させすぎ。

 

50回完封できたとかの結果はともかく、

「代わりがいない」というチーム事情に驚きです。

 

 

ま、いろいろと事情があるんでしょうし、

それも青春の一ページというのならステキですが

ビジネスで同じことをやっちゃいけませんね。

 

 

二の手、三の手を打てるか

 

彼しかない、コレしか手がない。

そういう状況が一番危険です。

 

それこそ野球で言うなら、

押しも押されぬ大エースが一人いたとしても、

やはり2番手や3番手ピッチャーの用意は必要です。

 

 

せどりに置き換えてみれば、

軸としている手法、仕入れ先、販売方法、

それが単一であるということ自体が、とても危険だということです。

 

それがどんなに稼げているとしても。

 

 

例えば、ブックオフで仕入れてアマゾンで売る。

これは鉄板ですね。

 

ただ、ブックオフでしか仕入れができないのであれば、

いとも簡単にその稼ぎの基盤は崩れてしまいます。

 

たとえ100万200万売り上げていたとしてもです。

 

 

 

だから、リスクヘッジは常に考えなきゃいけません。

 

ブックオフのせどり禁止を気にするというのは

まさにリスクヘッジができているのかどうか、

というところに根本的な問題があるわけです。

 

どんな「リスク」があるのか?
それに対し、自分はどんな対策が打てるのか??

 

そういう用意をしておくということです。

 

 

1人だけ大エースがいて後が続かないチームより、

一人一人は小粒でも2番手、3番手のピッチャーで戦っていける、

そういうチームのほうが長続きすることは言うまでもありませんね。

 

 

 

少なくとも2枚看板で。

 

とはいえ、限られた時間の中であれもこれもと手を出していると

結局どれもうまくいきません。

 

ブックオフで仕入れてみたり、家電量販店に顔を出したり、

ちょっとヨーカドーをつまんでみたり・・・

 

フラフラは良くないので^^;

 

 

せめて、メイン+サブという「仕入れの2枚看板」を作っておきましょう。

 

 

私は【 ブックオフ+電脳 】でやっています。

 

あくまで今のところメインの仕入れ先はブックオフですが、

ネットでもいい感じで仕入れることができるようになっています。

 

 

今日も午前中ブックオフ仕入れに行ってきました。

2店舗回って、それぞれ会計含めて1時間弱、

ちょっと今一つな感じで仕入れ総額3万円ほどで終わりました。

 

が、朝一に電脳で仕入れていたので別に構わないといった感じです。

今日の電脳仕入れはブックオフオンラインからの1商品でしたが

利益5,000円ほど見込めるDVDです。

 

リサーチはものの5分程度で終わったので、

朝一でやるにはちょうどいいです。

 

 

日中、出かけられるときは気分転換を兼ねて

1,2時間ブックオフ仕入れをして、

夜や早朝はネットで仕入れられる。

 

 

この2枚看板が今とてもいい感じでコンビを組んでくれています。

徐々に、この“2番手”がエース級になりそうな気配を見せていますが^^

 

 

リスクヘッジと言っても焦ってやることはありません、

一つ軸ができたら別軸で稼げる方法を身に付ける。

それも楽しみながら、です。

 

特に電脳は思い通りハマると痛快ですよー

 

 

・・・今日は長すぎました!

 

電脳せどらーびすこ

 

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

One Response to “せどりに必要なリスクヘッジ”

  1. […] せどりに必要なリスクヘッジ […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ