↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

ブックオフのワンデーサンクスパス廃止から考えるべき“この先の道”

 せどりのこの先

今月末でいよいよ、ブックオフのワンデーサンクスパスが廃止になります。10%オフで仕入れることが、ついにできなくなるわけです。

あなたのせどりは、どんな影響を受けますか??

『しっかりと稼げているから、多少利益が下がってもダイジョブ!』という人もいれば、『もうダメだー、9月からどうやって仕入れて行こう・・・』と壁にぶち当たっている人もいるんじゃないでしょうか。

どちらにしても考えて頂きたいのは、「この先どうするか」です。ワンデー廃止でダメージを大きく受けないとしても、「この先」を考える良い機会としてとらえてください。

なぜなら・・・

ビジネスで“このまま”はあり得ない

ビジネスにおいて、「これがこのままであることはない」と覚えておくのは良いことです。どんな業界・ビジネスも、常に動いており、その中で負けないよう必死に戦っています。

毎日のように使っていたコンビニが、今日寄ろうと思ったら潰れていた、そんな経験はないでしょうか?

行列作っているマック、交差点のガソリンスタンド、果ては学生の就職したいランキング上位に食い込む企業だってそうです。常に流動的であり、ライバルと戦い、高みを目指して変化しています。プロ野球チームも、去年優勝したから今年も大丈夫だろうなんて油断していたらあっという間に最下位です。

せどりは基本的に“他者に大幅に寄りかかるビジネス”です。

ブックオフ、アマゾン、ヤフオク・・・

それらがあるからこそ成り立つビジネスですし、逆に言えばそれらの声一つで大きく左右されるビジネスでもあります。

ブックオフやアマゾンだって変化していきますから、私たちせどらーも変化していく必要があります。ブックオフに寄りかかっているからこそワンデー廃止に影響を受けるわけで、「寄りかからないビジネスは何か」を追求していかねばなりません。

この度のブックオフのワンデーサンクスパス廃止は、そういうことを思い出させてくれるきっかけとして捉えてみるべきではと思うわけです。

“この先”に据えるべき2つの道

電脳せどりに挑戦する

ブックオフ等の店舗を中心にやってきたのであれば、電脳せどりに挑戦してみることができます。

ネットでの仕入れは実店舗に比べて縛りがありません。ヤフオクでも、メルカリでも、ネットショップでも仕入れられます。アマゾン自体から仕入れて売ることもできます。

仕入先がたくさんあるということは、何か一つに寄りかかる状態を避けられるわけです。さらに電脳せどりの発展として海外を視野に入れて、輸出入に挑戦することも良いでしょう。

とはいえ、電脳せどりってどうやったらいいのか、なかなか難しいものです。やり方自体はたくさんあるんですが、たくさんありすぎて迷います。

「初心者向きでありながら、そこそこ結果も出しやすく、楽しみながらスキルアップできる」というノウハウがオススメです。難しすぎるのでは挫折しますし、あまりに結果が出ない地道すぎる手法は心が折れますので。

電脳キーワードせどりは私が今まで見てきたあらゆる電脳せどりのノウハウの中でも、初心者向きでかつ楽しく実践できる良い教材です。

>>電脳キーワードせどり特典付き詳細レビュー

ちなみに現時点でこれくらいの方が私から手にされています。

WS0000632

情報発信に挑戦する

もう一つは、せどりの知識を活かして、ブログやメルマガで情報を発信し、アフィリエイト報酬を手にするという方向です。

『いやー、オレ作文が一番苦手だったし~』
『初心者の私が書くことなんて、誰の役にも立たないんじゃ・・・』
『人を説得する文章なんて書けません!ムリ、ムリ!!』

などなど、お声が聞こえてくるんですが、特に気張る必要はないんです。

詳しくは今後の記事でも扱っていきますが、【等身大で、自分より後にせどりを始めた人に向けて書くこと】これが基本です。全米を唸らせる必要は全くありません(笑)

まとめ

今のせどりがこのままであり続けることはありません。せどりのその先を見据える必要があります。

●電脳せどり
●情報発信

このどちらかです。二択と言っても過言ではありません。

『自分はどうだろうか、せどりを更に昇華させて電脳せどりに進むか、それともこれまでの知識や経験を活かしてせどりブログを本気でやってみるか??』しっかり、考えてくださいね。

 

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ