↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

バーコードがないDVDを仕入れる時には注意を!

 

DVDせどりの仕入れでリサーチをしていると、時折バーコードが載っていない商品を手に取ることがあります。初回限定DVDなどの特別なDVDにはそういうパターンが多く、そういう場合は規格番号で検索すればOKです。

規格番号というのは背表紙などに表記されているアルファベットと数字の組み合わせの番号で、例えば「PHNA104125」というようなものです。

ブックオフは値札ラベルにも規格番号が記載されているので、そこから読み取ることも可能です。

バーコードがないDVDの落とし穴

さて、本題はここから。

バーコードの載っていない商品が、初回限定DVDなどではなくいかにも普通の、トールサイズDVDのジャケットである場合は注意が必要です。

その商品も規格番号からリサーチをすることはもちろん可能なのですが、何らかの付属品等が欠品している可能性が高いです。

というのは、標準トールサイズDVDにはバーコードが載っていることが通常であり、もし載っていないとすれば、実はスリーブケースや他のDVDジャケットがあってそちらのほうにバーコードが記載されている、ということがあるからです。

つまり、本来はその商品単体では売っておらず、何らかの付属品、ケースやジャケットとセットになって1つの商品である、という可能性があるわけですね。

そうすると、頑張って規格番号でリサーチして利益が取れそうだ!と判断して仕入れをしてみても、実際には商品の一部しか出品できないためいつまでたっても売れない、または売れた後にクレームになってしまう恐れがあります。

欠品かどうか確認する方法

ですから、普通はバーコードついているよな・・・と思う商品があった場合はアマゾンの商品詳細ページや他の出品者のコメントを確認して、付属品はないか、DVDの枚数はどうか、といったことを調べるようにしましょう。

しっかりチェックして、自分も購入者さんも満足するような、WIN-WINの仕入れができるようにしていきましょう!

朝活せどらー・びすこ

 

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ