↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

格安スマホ(MVNO)を使ったせどり

ブックオフ等の実店舗でせどりをする場合には、スマホでのリサーチが必須ですが、せどりをするためにわざわざスマホにしたくないという意見も多いです。

以前に書いた記事を読んだ方から、たま~にお問い合わせを頂くので、せどりで使える格安スマホ(MVNO)について書いていきますね。

以前に書いた記事:激安!月1000円のスマホでDVDせどり

格安スマホの正体

今ではだいぶ有名になりましたが、MVNOというサービスを利用することによって格安でスマホを利用できるんです。ドコモとかソフトバンクなどのキャリアとは契約しません。

私の場合、こちらのサービスを利用して月額500円未満でした。
DTIのServersMan SIM LTE

当時はこれがぶっちぎりで安かったのですが、今は同様なサービスを提供している会社がたくさんあるので、比較してみてください。このサイトがわかりやすくまとめてくれていますね。
外部サイト:『SIM-FAN』

データ量は、私が普段使い(せどりだけでなく日常生活も含め。)でiPhoneを使用して月に1~2GBです。なので、せどりのリサーチと日常的なデータ通信だけなら2~3GBのコースであれば十分です。

データ通信のみ。通話は基本的にはできない

MVNOはデータ通信機能なので、そのままでは通話はできません。

アプリを入れれば一応通話は可能ですが、環境によってはかなり音声の品質が悪かったり、タイムラグが生じます。海外と生中継しているニュースみたいです(そこまで時間差は無いですけどね。)

データ通信用としてスマホを持ち、通話はガラケーという使い方が一番リーズナブルです。2台合わせても月額2,000円ちょっとで行けます。スマホってバッテリーの減りが早いので、通話用に一台持っておけるというのもメリットですね。

ただ、スマホでは普段通話はしないとしても、アプリを入れておけば何かと便利です。こちらの二つのサービスは、電話番号も貰えるのでせどり用にできますね。

050plus(月額料金あり。通話料が安い)

●SMARTalk(月額料なし、通話料はケータイ並)

端末(スマホ本体)はどうするか

SIMフリーと呼ばれるスマホ(端末)を使います。ヤフオクとかブックオフで中古で調達してもいいし、友だちに要らなくなったものを譲ってもらってもOKです。

ただ、MVNOのサービスが端末によっては非対応なので、事前にMVNOの会社のサイトで確認しておいたほうが良いです。一例として、私が使っていたDTIのサービスではこんな対応表があります。

ザックリ言うと、ドコモのスマホは大体OKという認識で良いかと思います。

通信速度は使ってみないとわかりませんが、上記DTIの『ServersMan SIM LTE』でも通信速度的には問題は感じませんでした。それより、端末自体の処理能力や操作性に大きく影響されますので、昔の機種は避けたほうが良いです。

 

2015年4月時点で私はiPhone5をソフトバンクと契約してしまっているのでMVNOは利用していないのですが、そろそろ2年契約が終わるので乗り換えようかと検討中です。SIMフリーのiPhoneを購入するか・・・

 

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ