↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

中古家電がオイシイ3つの理由

せどりもジャンルによって、【稼ぎやすい・稼ぎにくい】【利益率が高い・低い】がありますが、中古家電はオイシイジャンルだなと感じます。

⇒関連記事:『薄利多売はせどり戦略としてナシか』

『こんな商品が売れるの?』という思いがけない発見があったり、『そういえばこんなのも昔流行ったよな~』と懐かしんだりできるのも中古家電の特色ですね。

ちなみに、“家電”せどりとよく言われますが、冷蔵庫や洗濯機ではなくてオーディオとかプリンタといった電化製品のことを指します。

今の時代にコレ!?

先日せどりの翼アルバトロスでリサーチしていた時に発見したのがコチラ

ヤフオクをチラッと覗けば、十分利益取れる価格で中古出品されたりしています。

ものすごい需要があるんですね。今の時期語学に挑戦する人が増えるからでしょうか、世の中のニーズってわかりません。

少なくとも、自分が欲しくないから他の人も欲しくないだろう、というのは通用しないと常々感じます。

中古家電のメリット3点

芋づる式に稼げる商品が見つかる

今の商品がいい例ですが、類似品って他にもたくさんあるはずです。後継機種もあれば、他のメーカーが出しているものだってあります。

ということは、これを起点として同じような商品をリサーチしていけば、他にも稼げる商品に出会える可能性が高いですよね。

同じような機能を持つものならニーズはあるでしょうから、芋づる式に発見していけるというわけです。

壊れる(笑)

要は消耗品なので、一定のサイクルでニーズが復活します。

これはCDやDVDではまずないことですよね。1個買えば満足で、そうそう壊したりもしません。

でも電化製品の場合、壊れたら買い換えなきゃいけないし、でも電気屋さんには最新のものしかないので、ネットで探すか・・・となるわけですね。

アマゾンの販売手数料が安い

CDやDVDは販売手数料を15%も持って行かれますが、電化製品は8%~10%のものが多いので、その分稼ぎやすいんです。

⇒アマゾン販売手数料

普段メディア系せどりを扱っていると、入金額を見て「あれ、思ったより稼げている^^」と感じるはずです。手数料が安いということはそれだけ仕入れの幅も広がりますね。

中古家電のデメリット

唯一にして最大ともいえるデメリットが、「検品がしんどい」ことです。クリーニングも動作確認も、DVDせどりの比ではないです。

プリンタをちょくちょく仕入れていますが、今でこそ手馴れてきましたが最初は出品の手間がかなりかかりました。

利益は一つ5,000円以上とか取れるんですが、それでも出品の負担を考えるとどうかな、と感じていました。

ちょうど中古家電せどりのマニュアルが明日発売されます。アルティメットせどりという教材で、昨年も短期間発売されていたようです。

その時には買い逃したので、今回は入手してオイシイ中古家電せどりに活かせるかどうか、レビューしたいと思います。

特典を付けるほどのものかどうかは見てからのお楽しみ、です。ホント、ジャンルとしてはイケるのでアルティメットせどりに良い評価ができればいいなと思っています。

 

あ、ココまで読んでいただいたのでお礼としまして。一つ利益の取れた商品を紹介します。

新品ですが、ホームセンターで2,000円で仕入れて5,980円で販売。利益約3,000円です。FBA納入後、即売れでした。

利益3,000円のよくわからない商品

 

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ