↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

せどりで商品説明文を「どのように」書くか

こんにちは!びすこです。

私の稼ぎのキモを全て詰め込んだDVDせどりのマニュアル、
「ホップステップDVDせどり」が今なら無料です。

「ホップステップDVDせどり」をもらう

今後も無料ですけどね^^;

 

さて、その「ホップステップDVDせどり」でも書いたのですが、
商品を売るための3要素の一つが「商品説明文」です。

※あとの二つはマニュアル見てくださいね

 

一番悩むところではないでしょうか??

「何書けばいいか」も迷うところですが
「どのように書くか」も大切ですね。

 

小学生でもわかるように分かりやすく書くことはもちろんですが、
ライバルと差別化して目立つ工夫も必要です。

みんなが使っているような文章、変わり映えのしない表現よりも
「おっ!」っと、購入者さんの目に留まるような書き方をしたいですね。

 

そのためには「語彙を増やすこと」が大切です。
同じことを言うのにも、
彩のある表現を使えればそれだけ魅力的に映りますよね。

小学生の作文のようなテイストでは意味は伝わっても
インパクト、魅力まではなかなか伝わりません。

 きのうは テレビで
 オリンピックをみました。
たのしかったです。

・・・という感じです^^;

 

「楽しい」一つとっても、

・ハラハラドキドキの連続だった
・家族一丸となって真央ちゃんを応援した
・のんびりくつろぎながら見れた^^

いろいろですもんね。

 

小学生にも分かる文章ではあっても、
小学生が書いたような文章ではない、ということですね。

 

私もあらゆる表現を使って
「伝わる」文章を書くのは苦手なのですが、
語彙を増やすことは意識しています。

 

他の人の商品説明文を見たり、
新聞・小説・ブログメルマガの記事なんかも参考になりますし、
こういうサイトを使うのもアリです。

語彙を増やすのに使えるサイト

 

いっつも使っているあの言葉、「手あかのついた表現」を、
別の言い方だとどういう風にできるか、調べてみると面白いですよ。

 

あ、ついやっちゃいました、「面白いですよ」です^^;
何が面白いか、ですよね。

ぴったり同じ意味の単語ではなくても、
こっちの言葉をはめ込んだほうが

・より美しく思える
・デメリットがそうでもなく感じられる
・親近感を覚える

という発見があるんです。

 

商品説明文の場合、全てキーボードで打ち込むよりも
漢字変換などを使って決まった言葉を
使うことのほうが多いので、

すべての説明文をカラフルにすることはできないのですが、
いま普段使っている商品説明文の単語、表現、
少し見直してみてはいかがでしょうか??

 

今日もお読みいただきましてありがとうございました!
またお会いしましょう~

 

びすこ

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ