↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

電脳せどりが仕入れやすいワケ

こんにちは!びすこです。

 

今日はムシムシですね~

もう、髪の毛のコンディションがひどいことになっています。

「中古品-可」です(笑)

 

さて、せどり初心者さんから多くいただくご意見に

「ブックオフの値付けが高くて仕入れられないんです」

というものがあります。

 

もちろん、仕入れ力が付いていけば

利益を取れる商品もたくさんあるのですが、

一方でブックオフの値付けが厳しいというのも事実です。

 

 

例えば、↓こちらの商品。

前は美味しかったのに・・・

 

私がせどりを始めたころは5,950円くらいで売っていて、

利益が2000円近く取れたんです。

 

これはオイシイの見つけたぞ!ということで鉄板商品にしていたんですが、

この商品の人気についていくかのように、

ブックオフでも値上げをして7,450円とかになっていました。

 

もう、これでは利益が取れないなと泣く泣くあきらめたことを覚えています。

今は若干値段が下がってきたようですが、以前のように美味しくはありません。

 

 

ブックオフも商売ですから、取れる利益を取っていくべきで

そのためにこまめに価格改定をしているというのは

私たちせどらーからすれば、理解できる話です。

 

 

 

実はこの部分が、

「実店舗せどりと電脳せどりの大きな違い」なんです。

 

昨日の記事で

相場12,000円の物を4,000円で仕入れたという話をしましたが、

この電脳せどりでの仕入れ先はヤフオクです。

 

もう一つ、3,980円相場を800円で仕入れたのも、ヤフオクです。

 

そしてどちらも、出品者は個人の方です。

 

 

自分で出品していながら、その商品の相場については知らないんです。

表現はちょっと悪いですが、ヤフオクは素人相手です。

 

 

ということは、、、

企業として売り上げを伸ばさなければならないブックオフに比べ、

値付けが甘いのは当然です。

 

 

私も不要品を売った経験があるのでわかるのですが、

一般の出品者にとっては、持っていても仕方ないものがお金に変わる

というだけで十分なんですよね。

 

少しでも高く売りたいという気持ちがあることは確かですが

例えば

何かのおまけで貰ったキャラクターのキーホルダーが3,000円とかで売れたら、

それで儲かった!と思うわけです。

仮にアマゾン相場が5,000円だったとしても、ですね。

 

業者だったらそうは行きませんよね。

相場が5,000円なら、その付近で売りぬきたいんです。

だから、値付けが厳しくなって仕入れにくくなるんですね。

 

 

「そうは問屋が卸さない」という言葉があるように、

商売をやる上で、

実は売ることよりも仕入れることのほうが難しいわけですね。

 

なので、いかに安く仕入れるか=安く売らせるか、

ここがミソです。

 

 

こういう売り手側の値付け事情を考えても、

電脳せどりのメリットを感じるのでございます^^

 

電脳せどらー・びすこ

 

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ