↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

売れる時期の価格改定

こんにちは、びすこです。

 

やはり12月は売れますね、今までの月とは全く勢いが違います。

 

毎月目標にしている週1回のFBA納品も

ここ4週連続して達成しているので

在庫も増えて、取り扱っている商品の種類も増えて、いい循環です^^

 

 

ただ、売れた商品を確認してちょっと反省することもあるんです。

 

 

というのは、売れたのをアマゾンで見てみると

いつの間にか相場が上がっていたり、

知らないうちに最安値に自分が躍り出ていたりして、

 

もっと価格を上げても売れたな~って思うんです。

今月のように、売上の伸びが良い時ほど、このことに注意しないといけませんね。

 

 

過去に適正だと思っていた相場が上がっていれば、

それに沿って価格改定をして価格を上げていくべきですね。

 

 

俺様価格(=出品者が少ない、もしくは自分しかいないので

好き勝手に高い価格を設定する事)では売れませんが、

適正な価格であれば、高くても買ってくれます。

 

であれば、売上を伸ばすための努力もしなきゃ、ですね。

 

 

このように、相場に合わせて適正な価格を付ける、

場合によっては価格を今より上げるという調整は

自動価格改定ツールなどを使っていたらできないことですね。

 

 

なので、ちょっと出遅れましたが

商品一つ一つアマゾンの画面とにらめっこして、

適正な価格を見抜いて改定するという作業を頑張ってやっています。

 

 

面白いもので、安ければ売れるというわけでもないんですよね。

 

今日も何度か書きましたけれど、「適正な」価格というものがあるので、

例えばコンディション「可」の中に

「非常に良い」を投入すればいいってものでもないです。

 

「可」

「可」

「非常に良い」←

「可」

「可」

「良い」

 

こんな感じだと、確かに売れやすいかもしれませんが、

怪しいなと思う人もいますよね。

 

安く買いたい人にとっては都合のいい出品者ですが、

中には「高いから良質だろう」という考えの人もいます。

 

 

どうせなら、高く買ってくれる人に買ってほしいですね。

 

 

 

しかも、早く売ろうと安易に安くしすぎると、

他の出品者たちもそれに合わせざるを得なくなり、

その結果相場が暴落してしまう結果となります。

 

元々の、比較的高い相場でも買う人がいたのに、

不必要に価格を下げてあって結局はみんなが損をする、なんて

勿体ないですからね。

 

ま、お客さんはそのほうがいいでしょうけれど、

私たちもボランティアじゃあありませんので^^;

 

上の例でいうと、

 

「可」

「可」

「可」

「可」

「良い」

「非常に良い」←

 

こんな感じが美しいんじゃないでしょうか。

と、上から目線で語ってしまいましたが、

今のようにガンガン売れる時期、意図せずに

 

「可」

「可」

「非常に良い」←

「可」

「可」

「良い」

 

こんな恰好になってしまっていたりするので

丁寧な価格改定、頑張ります。

 

 

それではまた!

良い連休をお過ごしください~

 

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ