↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

アマゾン出品の価格設定のカラクリ

こんばんは、びすこです。

今日はせどりクイズです。ちょっと考えてみてくださいね。

 

ある日、あなたは同じ商品を2個仕入れました。

一つは「非常に良い」で出品できそうで、

一つは「良い」での出品になりそうな状態でした。

それぞれの値付けは片方を2,480円、もう片方が1,980円です。

 

では、どちらが「非常に良い」で出した商品の価格でしょう。

 

 

・・

 

・・・

 

はい、もちろん「非常に良い」は2,480円のほうですね。

で、「良い」は1,980円と。

 

若干コンディションが良くないなと思ったら

価格を下げて出品するのは正しい考え方なんですが、

「これで本当に良いのか」というとまた別問題です。

 

 

というのは、アマゾンで同じ商品を出品する場合、

価格の一番安い商品は販売ページの通常の位置に表示されるのですが

2つ目以降は、販売ページの最後のページに飛ばされてしまうんです。

 

ああ、ちょっと説明がヘタですね^^;

 

つまり、さっきの例でいうと

「良い」のほうは本来の1,980円の位置に表示されますが、

「非常に良い」の2,480円は1番最後のページになります。

 

他の出品者が2,980円で出していても、5,000円で出していても、

それより後ろに「非常に良い」2,480円が行ってしまいます。

 

こんな感じですね。

1980円「良い」←あなた
2180円「良い」
3980円「非常に良い」
4980円「非常に良い」



(最終ページ)
2480円「非常に良い」←あなた

 

最終ページが5ページ目とかだったら、

もやはだれも辿り着きませんね^^;

 

 

このシステム自体はいいなあと思います。

安値で出品する人が上位を独占したりしないように

たくさんの出品者が出るようになっているわけですからね。

 

でも、出品者側としては落とし穴もあります。

本来は「非常に良い」商品を適正価格の2,480円で売りたいけれど、

ちょっと日焼けとかキズとかがあって、

仕方なく「良い」で値下げして1,980円にして出品しているんですよね。

 

本命はあくまでも「非常に良い」2,480円で、

「良い」の1,980円は仕方なし、です。

 

なのに、その価格設定で出品すると

本命が宇宙のかなたに飛んで行ってしまうので、

「良い」が売れるまでいつまでも購入者に発見されることなく

在庫として残ってしまいます。

 

 

これをどう解消するかなんですけども、

例えば、「良い」を2,780円とかにしてこちらを宇宙の彼方へ飛ばし、

先に本命の「非常に良い」を売ってしまう。

 

あるいは、「良い」を1,480円などのすぐに売り抜ける価格にしてしまって、

早めに「非常に良い」を適正な位置に持ってくるようにする。

などなどです。

 

 

ま、対処はいろいろ工夫すればいいんですけれど、

凄くいい商品なのになかなか売れない!と思ったら、

複数出品によって自分自身が勝手にライバルになっていないか、

ちょっと在庫の状況を見てみましょう。

 

 

今回のケースは同じタイミングに2個買っているので

さすがに気づきますが、

 

以前に「非常に良い」を出していて

次に「良い」を仕入れたなんて言う場合は、

気付かずに以前の出品を彼方に飛ばしちゃうかもしれないので

前に出品したことあるよな??くらいは

思い出せるようにしておきたいですね。

 

 

なんでしょう、言いたいことはすごい簡単なはずなのに、

文字だけで説明するとめちゃくちゃ難しいですね、すみません。

 

ここまで読んでいただいて、ホントありがとうございます!

その粘り強さがあれば、かならずやせどりで稼げるようになりますよ^^

 

それでは!またお会いしましょう~

 

びすこ

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ