↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

サヤ取りせどらー最終バージョンのレビュー・評価

サヤ取りせどらー最終バージョンは、初心者でも使えるシンプルな電脳せどりツールです。ネットショップとアマゾンを比較し、見込み利益を算出してくれます。

※詳細なレビュー、使い方の見本はコチラでやっています
⇒サヤ取りせどらー最終バージョン特典付きレビュー

従来型電脳せどりツールとの大きな違い

サヤ取りせどらー最終バージョンが従来のツールと大きく違うのは、アプローチの方向です。コレがまったくもって逆です。

一般的な電脳せどりツールはアマゾンベース。まずアマゾン内のデータをリサーチして「アマゾン在庫切れのCD」「定価を大幅に上回るプレ値かしているDVD」をリストアップします。次いで、その商品がネットショップにあるかを探します。

しかし、そんな都合よく稼げる商品がネットショップに置いてあるものでもありません。つまり、「仕入れられれば稼げることは分かっているのに、肝心かなめの仕入自体ができない」というカベにぶつかってしまっていたんです。

一方、サヤ取りせどらー最終バージョンはネットショップベースのツールです。

ネットショップで売られている商品(在庫のある商品)をアマゾンに出品した時にどれくらい稼げるかをはじき出すツールです。したがって、売っていないカベが存在しません。

初心者向きのツール

サヤ取りせどらー最終バージョンはせどり初心者にもオススメできるツールです。複雑な設定はありませんし、誰が使っても同じ結果が出せるツールなので、商品知識やせどり経験の長さに左右されません。

本来、電脳せどりツールはひと工夫もふた工夫も必要で、頭をひねらないと使えないツールになってしまうのですが、そういった心配がありません。

※ただ、より稼ぎやすくするためのコツは存在します。こちらの記事で解説しています。
サヤ取りせどらー最終バージョンでライバルに差をつけたリサーチをする

対象とするショップ、対象としていない仕入先

サヤ取りせどらー最終バージョンが在庫の有無をリサーチしてくれるネットショップは7つです。

・ブックオフオンライン
・駿河屋
・フルイチオンライン
・ビックカメラ
・ネットオフ
・セブンネット
・楽天

仕入先として他にも大小さまざまなネットショップがありますが、マイナーどころのショップも大抵は楽天に出店していますので、ほぼカバーされています。

一方、ヤフオクなどオークションサイトには対応していません。オークションは商品のタイトルを出品者が自由に付けるため、データのマッチング自体が実質不可能であるためだと思われます。

データ取得に時間がかかる

サヤ取りせどらー最終バージョンはリアルタイムにデータを取得します。リサーチ開始のボタンを押したタイミングで、ネットショップやアマゾンデータをリサーチします。

そのため、データを取得し終わるまで結構時間がかかります。大き目なカテゴリを選んでしまうと数時間かかる場合もあるので、出かける前や寝る前にスタートさせておき、後でチェックするといった使い方をします。

この点を少しでも解決するため、私はサブPCを購入して専用マシンとして稼働させています。サブPCにリサーチをさせておき、メインPCは他の作業を行えるわけです。ヤフオクで数千円で買えますので大きな負担にはならないかと思います。

あるいはデスクトップクラウドという、ネット上にPCを持つことができるサービスを利用するのも一つの手です。

お名前ドットコムのデスクトップクラウドサービス
※メモリは2GBくらいあるほうが動きが良いです

総合評価

A-3.5

せどり初心者を含め、手軽にネットショップから仕入れたい、電脳せどりをやってみたい、というせどらーさん全てにオススメします。

難しい設定は無いとお伝えしましたように、深く考えずに直感的に使えるのが魅力のツールです。(深く考えずに使えることがいつでも良いとは限りませんが。。。)

ただ、安く売っているネットショップがあるかどうかがカギを握っている以上、ガンガン稼げる商品が見つかるわけではないという心づもりは必要です。

急な相場の高騰にショップが付いていけてなかったり、ショップ独自の価格設定があったりと、そのスキを突くのがサヤ取りせどらー最終バージョンの役割です。

したがって、このツール一本で食べていくという期待をするのは難しいです。月の利益を5万円程度アップさせるツール、という捉え方が正しいです。

詳細なレビュー、特典紹介はコチラです
サヤ取りせどらー最終バージョン特典付きレビュー

 

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ