↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

利益いくらなら仕入れる?私の仕入れ基準

私が仕入れ基準としている利益額

仕入れ基準で最も大切なのは回転率だというお話をしました。
せどりの仕入れ基準で最も大切なこと

次に考えるべきなのは、利益がいくら以上取れるものを仕入れるか、です。薄利なものばかりを仕入れてしまうと、作業量の割に稼げないという事態になるのは想像できると思います。

で、今私が基準にしている利益額は?というと・・・

 

3,000円です。

ま、物によっては2,000円とか2,500円でもいいやと融通を利かせたりもしますが、自分の中に持っている基準はあくまで利益3,000円、でやっています。

そんなんで仕入れられるの?

そんなに高い基準でリサーチしていると仕入れられないんじゃないか??というご質問も受けそうです。確かに、仕入れにくくはなります(笑)

そりゃ、利益500円のモノを発見するよりは圧倒的に発見頻度は下がります。

でも、2年以上せどりをやってきて、ブックオフや電脳、DVDとか家電とかいろいろ挑戦してきた結果出した結論です。実際にこの基準でリサーチしてみると、ブックオフでは圧倒的に仕入れにくくなりましたが電脳では結構ゴロゴロ転がっています。

月に10個仕入れて売って3万円、34個やれば10万円です。

なぜ利益の基準を厳しくしたのか

なぜ3,000円という厳しめな利益の基準を設定したかというと、ひとえに作業負担の軽減です。

利益3,000円の商品を1個仕入れるのも、500円利益取れる商品を6個仕入れるのも、結果は同じですが作業の負担が違いますよね。

出品の手間は個数次第ですから、なるべく扱う数量を減らしていきたいわけです。

そこまでの理屈は誰だって同じに考えるでしょうけど、なぜ「3,000円」なのかと言いますと、アフィリエイトにかける作業との比較なんです。

1個の商品を出品することにかかる手間をアフィリエイトに換算すると、大体2,000円から2,500円くらいにはなります。(私が片手間にやっている作業で考えた場合、です。)

つまり、利益1,000円とか1,500円の商品を出品するんだったら、その分サイトを作ったほうが稼げるということが計算上分かったんですね。

しかも、出品した後相場が下がるかもしれないリスクもあります。アフィリだと最低ライン2,000円~ですので、確実性も違います。

そうなっちゃうと、やる気が起きなくなるわけです(笑)ですので、「これはオイシイ仕入れだ!」と思える商品のみ、扱うようにしたということなんですね。

ということでまとめ。

今回のお話は「私がそうしている」ということですので、最初から3,000円を基準にしましょうということではもちろんないです。初めからその設定でやったら、まず挫折しますので・・・

大切なことは、自分の基準は何かをしっかり決めることと、その根拠を持つということです。

確かに粘り強い実践は必要ですが、そもそも「せどりという行為をしたい」わけではないはずです。

稼ぐための手段としてせどりを選んだはずなので、目的を達成しているか?を常に考えながら仕入れ基準の設定をすべきなんじゃないかな、ということでございます。

 

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ