↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

せどりで自由に生きる力を付ける

こんにちは!びすこです。

めちゃくちゃ、寒いです~><

 

昨日から今日にかけて東京も雪の予報でしたが、

雪にはならなかったですね。

12月の雪なんて、記憶にないくらい珍しいですからね。

 

でも、ちょっと降ってほしかったな~

二日前にクルマのタイヤをスタッドレスにしたので、

独り勝ちしたい気分でした。

 

 

雪のニュースと同時に、もう一つ注目していたのが

楽天の田中マー君の動向です。

 

やっぱりメジャー行きを希望し続けていましたね。

ハッキリ、そう主張してくれたのは嬉しかったですね。

日本球界としては寂しいですが、でも今年あれだけ活躍したし、

ちょうどいいタイミングなんじゃないかと思っています。

 

で、マー君のメジャー挑戦で問題になっているのが

新ポスティングシステムという制度ですね。

ま、早い話、制度が変わったことによって移籍金が大幅に減額されて、

楽天にとってメリットが少なくなったのでマー君を出してくれない

ということになっているわけです。

 

これだけ安くなったら出さないだろう、とか、

本人が希望しているんだから出してやれ、とか、

一旦引き留めておいてメジャーに行かせてあげるという美談を

楽天側が画策しているんじゃないか、

とかいろいろ情報が飛び交っていますが、私としては、

いずれにしてもマー君本人の意向に沿う結果になってほしいです。

日本シリーズ見ていても、ホントに感動を与えてくれましたからね。

 

 

よくよく考えるとおかしな話ですね。

マー君って、今年2013年に最も活躍した人と言ってもいいくらいです。

プロ野球選手の中でも、群を抜いてトップレベルの成果を収めて、

日本中の注目を集め、被災地で未だ辛い思いをしている東北の方々に

勇気と笑顔を与えた、大功労者ですよね。

 

そのマー君が、自分の働き場所を自分で決めることさえ許されない

というわけです。

 

プロ中のプロ、野球史にない新記録、大記録を打ち立て続けたその人が、

希望した働き場所に自由に就けないんです。

 

どう考えても、おかしいです。

なんなら、国を挙げて応援してあげたっていいくらいです。

 

でも、制度とかお金とかのあらゆる難しいことが相まって、

思うように動くことができない。

そういう観点で見ると、

大スターも一会社・組織の中の一員に過ぎないってことです。

 

であるならば、フツーの一般市民である私たち(失礼^^;)は

まして自分の人生、自分で決めるなんてことは

社会のレールに乗っている限りかなり難しいわけです。

 

もちろん、社会という大樹の影は安心も与えてくれます。

でもそれは裏を返せば、

自分ひとりの力ってとても小さいということでもありますよね。

 

別に社会から離れて生きていくことが良いということではなくて、

少なくとも自分個人のスキルを高めて、

会社や組織に束縛されないようにしておくことは重要だということです。

 

そういう意識をもって物事を見ているか、

そして具体的に行動しているか、ということですね。

 

 

エラそうに言っていますが^^;

私も今までいろんな資格を取ったりPCスキルを磨いたりしたものの、

それはあくまでも社会や組織の中でだけ活かされるもので、

自分ひとりの稼ぐ力、働く力とはまた別の物でした。

 

ということに、今年1年せどりに取り組んできてようやく気づきました。

 

 

この、自分ひとりで稼げる力が付くというのは自信が付くし、

充実感がありますよ。

 

そして、稼ぎ方が一つわかると、次々とアイデアが浮かんできて、

「これはどうか、こういう風にやったらいいんじゃないか」

と考えること自体が楽しくなってきます。

 

そして、実践してみて、うまく行ったり失敗したりしながら

更に力がついてくるんですね。

 

そのファーストステップとして、やはりせどりは良いものです。

今年の自分を振り返ってみてそう思います。

目に見えて成果が出ますし、

難しい知識も不要で取り組むのも容易ですからね。

 

今から始めるなら、この教材が最適です。

 

年末年始のお休みの間に、学んでみるのはいかがしょうかー

私も新しい年に向けて、いろいろ考えております^^

 

それでは!

お読みいただきましたありがとうございました。

またお会いしましょう~

 

びすこ

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ