↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

電脳キーワードせどりと初心者必見!ほしい商品をネットショップで探すコツスタートパックの違い

昨日の記事でご紹介しました『初心者必見! ほしい商品をネットショップで探すコツ スタートパック』がものすごい反響です。

既に購入して学習をスタートした方々もいらっしゃいますし、お問い合わせも多数お寄せいただきました。アクセス数もハンパないです。

電脳キーワードせどりとの違い

こんな質問を頂いたので、早速共有します。

============

びすこさん、こんにちは。埼玉県に住むTと申します。いつもメルマガ楽しく読ませてもらっています。(途中略)

今日のメルマガで紹介されていた「欲しい商品をネット上で仕入れるためのノウハウ」の教材ですが、びすこさんが前に紹介されていた電脳キーワードせどりとはどんなところが違いますか?

どちらも良さそうなので迷っています。

============

というものでした。

今回ご紹介した『初心者必見! ほしい商品をネットショップで探すコツ スタートパック』と、以前からご紹介している『電脳キーワードせどり』との違いですね。

Tさんには個別にお答えしたのですが、要点をまとめて解説したいと思います。

大きく、2つの違いがあります。

1.コンセプトの違い

ザックリ言うと、電脳キーワードせどりは『何を仕入れたらいいかを学ぶ教材』です。これに対し、「スタートパック」は『どこで仕入れたらいいかを学ぶ教材』です。

電脳せどりをしたいものの、

●どこから手を付けたらいいかわからない
●どうやって稼げる商品をリサーチしたらいいの??

というところでつまづいている、「電脳せどり生粋の超初心者」であれば電脳キーワードせどりが向いています。

一方、「スタートパック」は、

●コレを仕入れたら稼げることは分かっている
●だけど、なかなかネット上で仕入れられない・・・

に陥っている人向けです。さっきのパターンよりはちょっと力が付いている人、とも言えるでしょう。

せどりrankなどのツールを使ったりして、「コレを仕入れたら稼げる」ところまでは辿り着けるせどらーさんは結構多いようです。

ただ、そのリストアップまではできても、

ネットショップとか探してもなかなか売っていない。
 ↓
全然電脳仕入れができない
 ↓
リサーチした時間が無駄だったじゃないか!!

となって、電脳をあきらめてしまうパターンも、また多いようです。

リストアップした商品を仕入れることをコンセプトにしたマニュアルって今まで無かったんですね。そこにフォーカスしたのが、今回紹介した「スタートパック」です。

もちろん、電脳キーワードせどりでも商品の仕入れの方法は解説していますし、「スタートパック」でも何を仕入れるか、ということも解説しています。ただ、特化している方向性が違うということです。

2.ジャンルの違い

電脳キーワードせどりは、主にグッズ物を扱っていくのに対し、スタートパックのほうはCDやDVDです。

グッズ物は場合によっては商品が大きくなりがちです。ぬいぐるみとか、おもちゃとかを扱うこともあります。CDやDVDはそれに比べ小さいですから、保管場所や輸送費を考えるとメリットが高いということになりますね。

一方、CDやDVDは商品数が限られます。例えば「妖怪ウォッチ」について扱いたいと思う場合、妖怪ウォッチのCDやDVDってあまりないですよね。数種類です。

一方グッズというと、ウォッチそのものからキャラクターグッズなど、沢山の商品が存在します。

沢山あるから稼げる商品に当たると思える人と、絞られているほうがリサーチしやすいと感じる人とそれぞれですが、商品の広がり・すそ野はグッズ物のほうが圧倒的に多いです。

もちろん、この点もどちらかに限っているわけではないですが、マニュアルで主に取り上げられている商品ジャンルにこういった違いがあるということです。

ということで、『電脳キーワードせどり』『初心者必見! ほしい商品をネットショップで探すコツ スタートパック』の比較でした。

どちらも初心者向き

こういった違いはあるものの、どちらも「電脳せどり初心者」に優しい教材です。安心して取り組めることには違いありませんので、自分に合うなぁと思うほうからスタートすると良いですよ。

何かご不明な点がありましたら、お問い合わせくださいね。疑問を解決した上で、良いスタートを切ってください。

 

びすこ

 

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

One Response to “電脳キーワードせどりと初心者必見!ほしい商品をネットショップで探すコツスタートパックの違い”

  1. […] さて、以前の記事で「電脳キーワードせどり」と […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ