↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

BOOKOFFハンターNEOに対するあらゆる意見に意見する記事

BOOKOFFハンターNEOについてグーグルで検索すると、かなり否定的な意見が多いですね。評判は良くありません。確かに販売ページや売り方を見ていると、そうなるのもよくわかります。

ただ、実際に購入して使用している立場として、この指摘はこういう考え方ができるんじゃないかと感じられたものも見られましたので、BOOKOFFハンターNEOについての意見やギモンに答えていきたいと思います。

面倒くさい

BOOKOFFハンターNEOは一旦データを持ち帰って仕入れのために再来店する必要があるため、面倒くさくて効率が悪いという指摘が一番多いです。

確かに、当たっています。一度の来店で仕入れまでできるのがベストですからね。

ただ、今の主流になっている店頭でのリサーチという方法も面倒と言えば面倒です。店舗に2時間も3時間もいてリサーチするのは物理的に難しいという方もいらっしゃいます。

再来店できない環境であればBOOKOFFハンターNEOは使えませんが、ここら辺の事情は個々違いますので、ご自分の状況を踏まえて、

  • 店内に長時間居てその日に仕入れるスタイル
  • 滞在時間は30分程度、後日改めて仕入れるスタイル

どちらが向いているかを判断してくださいね。

販売ページの実例が薄利

これは私も思いました。500円とか、1,000円とか、およそ販売ページでアピールする実績ではありません。

率直に言いますと、この方はそうなんでしょうね。それくらいの利益でせどりをされている方なんでしょう。恐らく最安値比較をして、BOOKOFFハンターNEOのツールをただそのまま使っているのだと思われます。

実際のところ、私の行なうブックオフ仕入れでは利益1,500円も3,000円も1万円もあります。私はツールの結果をうのみにするのではなく、そこからプラス、高利益を取れる商品を見分けていますので多くの利益を取ることができています。

稼げるかどうかは店舗の品ぞろえの問題ですので、ツールの性能に左右される要素ではありません。

翌日に無くなっている可能性

再来店したときには既に誰かに買われているだろう、という心配ですね。もちろん理論的にはあり得ます。

特に人気のお宝商品であればなおさらです。ですので、私はBOOKOFFハンターNEOを初心者の方にはオススメしていないんです。少しでも商品知識があれば、最初に来店した時に普通にリサーチして仕入れてくるべきものですからね。

誰かに買われてしまうという指摘を「理論的には」あり得ると言ったのには理由があります。

BOOKOFFハンターNEOの購入対象になる方は、あまりブックオフでの時間が取れない忙しい方です。そういう方がツールを手にすることによって、ちょっとした空き時間でも店舗によってリサーチできるようになるわけです。

ということは、本来であれば店舗に行けなかったはずの日に来店し、そこで見つけた商品が先に買われてしまったというのが現実的な流れです。従来の2時間3時間かかるリサーチ方法ではまず店舗に行かなかったはずの、その時のリサーチですからね。

BOOKOFFハンターNEOでなくても、逃してしまうわけです。

ちゃんとしたレビューが少ない

残念なことに、BOOKOFFハンターNEOについて書かれている記事はたくさんあるものの、しっかりと中身を見て検証したと言える記事にはほぼたどり着けませんでした。

使ってもいないで叩いていたり、使い道もはっきり示さずにただオススメしていたり、です。ぜひ、そのレビューが本当に“商品のレビュー”なのか、“販売ページのレビュー”なのか、見極めてくださいね。

ま、こういう叩きやすいツールや教材があると、チャンス到来と感じるアフィリエイターは多いので。。。

びすこ

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ