↑せどりからの情報発信を学べるモロミさんの無料講座

BOOKOFFハンターNEOの5つのメリット

私がDVDせどりのジャンル拡大に使ったツール、BOOKOFFハンターNEOを使用することによって得られる5つのメリットについて取り上げたいと思います。

1.ブックオフの滞在時間が非常に短い

これがBOOKOFFハンターNEOの最大のメリットです。ブックオフでのリサーチはバーコードの読み込みだけなので、ビームを使えばあっという間です。

ちなみに以下の記事でご紹介した、たった15分でのリサーチ(というか読みこみ)では6段の棚を2本分読みこむことができました。

DVDせどりのジャンル拡大にかかった時間

通常のリサーチ方法だと6段の棚2本分のDVDを全部見るとなると、2時間くらいはかかるでしょうかね。最近全頭をやっていないので詳細はわかりませんが。。。

ブックオフに滞在する時間が短いということは、会社勤めの方が帰りがけにちょろっと寄って来るとか、子どもの世話があるので長い時間家を空けられない主婦とか、そういった忙しい方でもじっくりせどりができるわけですね。

また、私の例も示すように、既に仕入れができているせどらーが別のジャンルに手を付けてみようか、というときにも大きな時間的負担がなく挑戦することが可能になります。

2.リサーチ自体の時間短縮になる

これは実際にBOOKOFFハンターNEOを使ってみて感じたのですが、PCで使用するツールであるため、普段スマホでモノレートやアマゾンの画面とにらめっこして仕入れ判断をしているときと比べてリサーチにかかる時間が短いです。

家のPCならネット回線の状況も良いですし、動きも早く、また画面が大きいので目が疲れません。

またBOOKOFFハンターNEOで取得するデータは並べ替えができます。ランキングの良い順とか、見込み利益の多い順、などです。

ランキングが悪すぎて明らかに売れていない商品や、見込み利益の小さいあるいはマイナスな商品はモノレートでチェックする必要がないので、“リサーチの取捨選択”ができます。

イメージで言うと、ブックオフの棚にランキングの良い順・利益の高い順にDVDが並んでいるようなものです。これって大きなメリットだと思いませんか??

3.買い切り型である

ツールは主に、1回買えばずっと使える「買い切り型」と、毎月定期的に使用料を払う「月額課金型」があります。どちらが良いというのではないのですが、BOOKOFFハンターNEOは使用方法が限られるツールですので月額料金を取られるとなるとちょっと躊躇してしまう可能性があります。

※「使用方法が限られる」というのは、例えばフラッと立ち寄った店舗に再来店することができない場合などは使用に向かないということです。

BOOKOFFハンターNEOは買い切り型で数回使用すれば充分元が取れますので、その後は使いたい時、BOOKOFFハンターNEOが力を発揮する場面で、活躍してもらえばOKですね。

4.直感的に使用でき、難しい設定は無い

ツールは、ともするとわかりにくいとか、操作性が悪いという評判が立ってしまうものがありますが、BOOKOFFハンターNEOは見ただけで大体使用方法がわかります。

というか、複雑なことをするものではないので、

  • バーコード番号の貼り付け
  • 開始ボタンのクリック
  • データの並べ替え
  • モノレートへのリンクをクリック

くらいです。

設定も最初だけライセンスの入力だけで、他のせどりツールに比べると圧倒的にラクです。

5.スマホのバッテリーのもちが良い

これは小ネタですが、スマホで使うリサーチツールは、どうしてもバッテリーの消耗が激しいです。これが結構壁になって、やる気をそがれてしまう原因ともなり得ます。

BOOKOFFハンターNEOはスマホにバーコードを読みこませ、メモ帳やエバーノートにメモしていくだけですから、バッテリーへの負担が非常に少ないです。

ということで、BOOKOFFハンターNEOのメリット5つでした。

ちゃんとレビューするとこれだけ出てくるんですけどね、販売ページが、人を遠ざけているように感じてなりません(笑)

びすこ

ご不明点・ご不安・購入前の相談は遠慮なくコチラからお問い合わせください。
通常24時間以内にお返事しますね。
⇒びすこへの問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ